MENU

ピンクゼリーで失敗しない方法と最安値通販

一人目が男の子だったから二人目は女の子が欲しい

次の子が最後だから女の子希望!

 

と、今女児を希望するご夫婦は多いです。

 

女の子が生まれるといつまでも母と娘の関係を楽しめたり、将来を考えると安心感もありますよね。

 

産み分けはあくまで自然に授かる時よりも希望の性別を授かる確率を高めるもので、100%コントロールできるものではありません。

 

ですが、子供の性別は人生を左右する大きな分かれ道。できれば自分が希望している性別を授かりたいですよね。

 

そんな女の子の産み分けを考えているご夫婦に選ばれているのがピンクゼリーです。

 

ここではピンクゼリーの失敗談と、失敗談からわかるピンクゼリーで女の子を授かる可能性を高める方法をご紹介していきます。

ピンクゼリーを失敗してしまった体験と理由

ピンクゼリーを使ったのに男の子を授かった場合、その原因はなんだったのでしょうか?

 

女の子を希望してピンクゼリーを使ったものの、男の子を授かったご夫婦の体験談を調べました。

ピンクゼリーの失敗談で多いもの

排卵日の2日前にセックスができなかった

一生懸命排卵日を予測していたものの、排卵日2日前に仕事が忙しくなった旦那さんの帰りが遅くなり、少し時間が経過してからタイミングをとった。

生理不順だったから排卵日の特定があやふやだった

基礎体温は計っていたものの、ハッキリと二層にはならず基礎体温表から排卵日を特定するのが難しかった方や、周期によって排卵までの日にちに差がある方は排卵日の特定が難しい場合も。

夫が非協力体制だった

夫が産み分けに非協力的で、なんとか頑張ってタイミングをとったものの、女の子ではなかったケースも。

セックス後に性交をした際、避妊をしなかった

産み分けのために性交した後、気が緩んで性交した際に避妊しなかったケース。

 

これらの要因が直接的な原因とは限りませんが、女の子を授かるポイントからずれてしまったケースで男の子を授かった方もいらっしゃるようです。

 

ですが女の子を授かるためのポイントをすべて実行してもそれでも男の子を授かることはあります。

 

つまり100%ではないこと、そして男の子を授かる可能性も十二分にあることを理解してからピンクゼリーを使った産み分けに挑戦する必要があると言えます。

 

女の子を授かるピンクゼリーの種類

女の子を授かるための産み分けゼリーは現在4種類(ピンクゼリー、Pink Jelly、ベイビーサポート、ハローベビーガール)がありますが、その中でもピンクゼリーは安全性、品質ともに高い産み分けゼリーです。

 

「女の子を授かるゼリー=ピンクゼリー」と総称して言われていることもあるので、当サイトではピンクゼリーを含めた、ベイビーサポート、ハローベビーガールとの比較もおこないました。

 

当サイトではピンクゼリーの失敗しない使い方と、最安値通販をご紹介します。

 

ピンクゼリーを使って失敗しないために気を付けるべきこと

ピンクゼリーを使って産み分けをするならやっぱり極力失敗はしたくないですよね。

 

もちろん成功率は100%ではありませんが、できる努力はしたいもの。

 

そこでピンクゼリーで失敗しないためにできることをご紹介します。

 

女の子を授かるX精子の特徴と男のを授かるY精子の特徴

女の子を授かるためには、卵子にX精子が受精する必要があります。

X精子(女の子)

Y精子(男の子)

寿命

長い(2日〜3日)

短い(1日)

PH

酸性

アルカリ性

少ない

多い

運動率

遅い

早い

参考:産み分けゼリーランキング

 

これらの特徴を利用して、ピンクゼリーの使用と並行して実践すべきポイントがこちら。

 

排卵日の2日前に性交する

X精子は寿命が長く〈約2日〜3日)Y精子は寿命が短い(約1日)ことを利用して、排卵する2日前にタイミングをとります。

 

そうすることで卵子が排卵された時はX精子が優勢に待機している状態を作り出します。

女性はオーガズムを感じず、性交はあっさりと終わらせる

女性がオーガズムを感じると子宮頚管からアルカリ性の粘液が分泌されY精子が有利になってしまうため、オーガズムを感じないようにあっさりと淡泊な性交で終わらせます。

性交の前に精子を薄めておく

通常、睾丸の中にいはX精子とY精子は同じ比率で存在していますが、射精をすると寿命の短いY精子から補填されていきます。

 

性交のタイミング(排卵日2日前)でX精子の量を多くするために、生理終了日から排卵日までの間に2回ほど射精して精液を薄めておきます。

膣の奥では射精しない

膣の奥はアルカリ性でX精子が弱ってしまうため酸性に傾いている膣の入り口付近で射精します

 

性交後、妊娠がわかるまでの間に性交をする場合は避妊をしてください

 

これらはすべて女の子を授かるためにX精子が有利になる環境を作るため。

 

ピンクゼリーは膣内をX精子が有利な酸性の環境に傾けることができますが、さらに成功率を高めるためにこれらの方法をとることが必須です。

 

これらをすべて守れたから女の子を授かる、守れなかったら女の子を授かれないというわけではありません。

 

ピンクゼリーを使って産み分けをするならできるだけのことをして、可能性を高めたいもの。

 

これらの点を気を付けて実践すれば限りなくピンクゼリーで女の子を授かる可能性が高まります。

 

しかし、ピンクゼリーを使っても100%ではないこと、男の子を授かる可能性もあることはご夫婦で確認しておく必要があります。

 

ピンクゼリーの値段は?どこで購入すると最安値なの?

ピンクゼリーという名前の産み分けゼリーは株式会社ジュンビーから販売されているピンクゼリー杉山産婦人科の通販サイトから販売されているPink Jellyがあります。

 

この二つを比較してみましょう。

ピンクゼリー

Pink Jelly

販売会社

株式会社ジュンビー

株式会社RRスギヤマ

使いやすさ

ワンプッシュ

湯銭が必要

値段

14,800円

15,000円

本数

10本

5回

衛生面

1,480円

3,000円

ピンクゼリーとPink Jellyを比較すると、使いやすさ、衛生面、値段全てにおいてピンクゼリーのほうが勝っているのが特徴です。

 

ピンクゼリーは産婦人科医と共同開発した育児専門会社から販売されている産み分けゼリーなので、今Pink Jellyではなくピンクゼリーを購入される方が圧倒的に多くなりました。

 

ピンクゼリーは1回1回の使い切りタイプで性交のタイミングですぐに使えますが、Pink Jellyは使いまわしをすること、そして使用前に湯銭が必要なので、少し面倒です。

 

絶対に産婦人科の通販を利用したい!という方はPink Jellyがおすすめですが、そうでなければピンクゼリーがおすすめです。

 

またピンクゼリーで一番人気があるのが2箱セットです。

 

 

2箱セットを購入すると葉酸サプリメント(4,980円相当)がまとめ買いの特典でついてくるので、妊娠初期に必要な葉酸も同時に補えます。

 

また1箱余った場合は1万円で引き取ってもらえるので、それなら1箱目で妊娠しよう!なんて気持ちも強くなりますよね。

 

ピンクゼリーを最安値で購入したい!という方は2箱セット、、もしくはさらに安くなる3箱セットがおすすめです。

女の子を授かる産み分けゼリーはどれが一番お得なの?

 

ピンクゼリーの他にもベイビーサポート、ハローベビーガールも女の子を授かるための産み分けゼリーです。

 

この3つの中で、どれが一番コスパがいいのか、値段や特典、返金保証制度を比較してみました。

価格比較

ピンクゼリー

(10本入り)

ベイビーサポート

(7本入り)

ハローベビーガール

(7本入り)

単品購入

14,800円

(1,480円)

13,800円

(1,971円)

12,800円

(1,828円)

2箱セット

26,600円

(1,330円)

22,080円

(1,577円)

23,040円

(1,645円)

3箱セット

38,400円

(1,280円)

28,980円

(1,380円)

32,640円

(1,554円)

価格面を比較すると、1本あたりのコスパが最もよくなるのはピンクゼリーでした。

 

ベイビーサポート、ハローベビーガールは1箱に7本しか入っていないので、1箱あたりの金額は安くなりますが1本あたりの値段は高くなります。

 

産み分けに挑戦する回数を7回までと決めているのであればベイビーサポート、ハローベビーガール向きですが、妊娠するまで産み分けに挑戦する!と決めている場合はピンクゼリーのほうがよさそうですね。

 

特典・返金保証比較

ピンクゼリー

ベイビーサポート

ハローベビーガール

2箱セット

返金保証

葉酸サプリ1袋

返金保証

デリケートサプリ1袋

3箱セット

返金保証

葉酸サプリ2袋

返金保証

デリケートサプリ1袋

返金保証の内容

1箱10,000円で買取

1本1,000円で買取

なし

返金保証制度の違い

返金保証制度は、妊娠した時点で余った潤滑ゼリーがあれば余った分を買い取ってくれるというもの。

 

ピンクゼリーは1箱余ったら10,000円で買取してもらうことができ、ベイビーサポートに関しては1本あたり1,000円で買取をしてもらえます。

 

ハローベビーガールに関しては返金保証はありません。

 

ピンクゼリーは箱を開けると返金不可のため、余った分は少しでも返金してもらいたい!という方はベイビーサポートだと安心です。

特典の違い

ピンクゼリーは2箱以上購入すると特典で葉酸サプリメントがついてきます。

 

ハローガールは2箱以上でデリケートゾーンのトラブルを緩和するデリケートサプリが特典としてついてきます。

 

ベイビーサポートに関しては潤滑ゼリー以外の特典はつきません。

 

葉酸サプリは妊娠初期から必要な栄養素が配合されたサプリメント。妊活中の女性には欠かせませんよね。

 

葉酸サプリメントを購入しようとすると付き数千円かかってくるので、葉酸サプリメント代を節約したい方はピンクゼリー、デリケートゾーンのトラブル(おりもの)で悩んでいる方はハローベビーガール、余った分は全部買い取ってもらいたい!という方はベイビーサポートがそれぞれ向いています。

 

それぞれの潤滑ゼリーに特徴があるので、自分にとって一番納得がいくものを選んでくださいね!

 

ピンクゼリーの取扱店は?楽天・Amazonで購入できないの?

ピンクゼリーはコンドームのように薬局で販売されていません。

 

ネット通販限定販売となっています。そこで楽天やAmazonで安く購入できない?と気になる方もいらっしゃると思うので楽天、Amazon価格をそれぞれ調べてみました。

 

ピンクゼリーの楽天価格

 

ピンクゼリーのAmazon価格

 

ピンクゼリーは楽天でもAmazonでも販売されていません。

 

ちなみに、楽天、Amazonで販売されているベイビーサポート、ハローベビーガールもコスパを比較するとピンクベリーが最もコスパがよくなります。

 

またジュンビーのピンクゼリーならサプリと返金保証の両方が付くので、今ピンクゼリーに切り替える方がほとんどだそうです。

ピンクゼリーの使い方

ピンクゼリーを使う時は正しく使うことが大切です。

 

ここでは実際にピンクゼリーを使って使い方をご説明したいと思います。

 

ピンクゼリーは湯銭の必要がなく性交の前に使用するだけなので面倒くささが全くないのメリットです。

 

はっきり言って湯銭とか面倒ですからね…(気持ちが萎えてしまう^^;)

 

まず、ピンクゼリーは体内に入れるものなので衛生面に気を付けるために手を洗って清潔にしてから使用してください。

 

@個包装からピンクゼリー本体を取り出す
Aキャップを折って引き抜く
Bリラックスしてシリンジの5cm〜8cmを膣内に挿入
Cピストンを押してゼリーを出す
D容器を出す

 

直接膣内に入れるものなので緊張してしまうかもしれませんが、体が緊張すると痛みなどが増してしまうものなので、リラックスして一番挿入しやすい姿勢で入れてくださいね。

 

ピンクゼリーは痛みを感じないように容器の形状や使いやすさを追求し、特許を取得しています。実際に使った方は「こんなに簡単に使えるとは思わなかった」という声も。安心してくださいね^^

 

ピンクゼリーを膣内に入れた後は、そのまま性交をとります。

 

ピンクゼリーのQ&A

ピンクゼリーを使った時の成功率はどのくらいですか?

ピンクゼリーを使った時の産み分け成功率はおよそ80%ほどです。